19/100★朝顔つながり。

P1010171.jpg P1010169.jpg
まいにち、あっついっすねぇ〜〜!
こんな休日にぴったりの食べ物を求め、ぶらぶら出かけることに
5年前の5月に訪れていた出町柳にある「みつばち」さんにお邪魔してきました〜
P1010146.jpg
あんみつ屋さんなのですが、SAVYと言う雑誌に載っていたのが、ミニ氷とあんみつセット
しかも夏期限定(限定に弱い族です、ハイ。)のあんず氷!

えーーーー!!!!
あんずめっちゃ好き。

しかも、ついあまりの暑さにクーラーの効いたお店でかき氷を
勢いで頼んでも、最後の方がガタガタ震える...と言うことになりかねない為、
自然と注文にも気合いが入る。

「今の、この体温上昇加減ぐらいで、この量のかき氷食べれるか否か。」
「むしろ、この行列具合からしてすぐあの炎天下に戻るとなるとイケるのでは。」
「しかし、最後まで食べ切れずシロップと化したあの無惨な氷を見るのもいただけない。」
「かと言って、かき氷以外のものを食せと?それではまるで敗残兵ではないか。」


このような会議を行い(※1人です)、その苦渋の表情に光を射してくれるのが
「ミニ氷セット」

P1010147.jpg

この見事な黄金比。
あんず氷もお腹を壊さず、火照った身体をひんやりさせるのに
ぴったりの量やし、その隣のあんみつに至っては、すでに確定済みの美味しさ
なのに、まだびっくりした。

「うま…ッ。大津から出てきてよかった!!!」

P1010148.jpg
またこの数量限定のあんず氷のうまさ。
シロップじゃない...ガチのあんずのピュレのようなどろっとした果汁が
ふわふわ氷にかぶさってて、あっと言う間になくなる。切ないくらいあっという間
P1010160.jpg
しかもガラスの器に、表の暖簾とおなじアサガオが描かれてるとか粋かよーー!
P1010161.jpg
あんみつも、白玉団子とあんこ、あんずと黒蜜、みつまめに抹茶アイスと
色んな味が合わさって、ジャパニーズサマーここにあり!って感じ

P1010172.jpg
や〜満足!満腹!
ささっと出て来てさくっと食べたので、今度は別のカフェへ
P1010176.jpg
ここは人も少なくって冷房もガンガンに効いてたので、
ホットにすべきだったかも知れない...と思いつつ、やっぱりシュワ〜っとしたもの
が飲みたかったので、レモネードを注文
原稿零枚日記 (集英社文庫)
原稿零枚日記 (集英社文庫)小川 洋子

集英社 2013-08-21
売り上げランキング : 329270


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

あとは日記を書いてまだマッタリ出来そうだったので読書
ここでも表紙がアサガオと言う、トリプル朝顔(笑)
もう、ほんまに好き...!と言うファンからすると「待ってた!」感溢れる
現実からの異世界への隔たりが薄いところとか、すっと不自然なものを
気持悪くなく、入れ込んで来るのでこの雰囲気が好きな人はきっとガッツポーズの連続(笑)

ハッピーエンドじゃない終わりだとしても、
基本的にあたたかいものが流れていると言うか小川さんの目線が
何者にも慈しむ感じがあるので、読んでいてほっとする
この小説は、とある小説家が日記形式で日常を綴っていて、
ふらっと幻想世界へ紛れ込んだり、またまともな日常に戻ったりするのと、
短編集的な趣があって面白かった。小旅行にもピッタリ
P1010179.jpg
しかし、川の在る生活、いいなぁ
って毎日びわ湖は見ているのだけれども。

18/100★やい、ポチ。

今日は七夕!珍しくお天気がよかったので、天の川、見えるんかな!
(そういえば、天の川って見た事無いかもしれん...)
すっかりルーティーンになってしまっているボ〜っと出勤では
とてもじゃないけど読書時間は捻出できず、これはかっこよく早く出勤して
コメダかどっかで読書タイムを作るか、はたまた寝る前に読むしか...ム〜悩む
犬が星見た―ロシア旅行 (中公文庫)
犬が星見た―ロシア旅行 (中公文庫)武田 百合子

中央公論新社 1982-01-10
売り上げランキング : 1780


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

そんな中、6月中に読んだけど感想が書けてなかったコチラ
武田百合子さんの「ことばの食卓」と並んで「とっておきの日!」に
残しておきたかった一冊
無いっすか?なんかこう、絶対面白いの分かってる
分かりすぎてて、電車内とか普通の生活の中で読むのはもったいないし、
旅行とか非日常に自分を置いている時間に読みたい!みたいな本

前回の、色川武大さんが解説を書いてる夢のような本なのですが、
まぁドツボすぎましたよ。(いや、予期はしてたけど
文庫本に、テスト前高校生の英語の単語帳レベルに付箋が…(笑)

端的に書いてしまうと、
武田百合子さんが、旦那さんとその友人と、ロシア旅行に行く話。

ただ、それだけだけれども、百合子さんの目から見ると
時代がある程度古めかしいのもあるけども、ぴかぴか輝いてみえる

例えば海外あるあるのトイレの話↓

「二人の少女はうなずき、二つある便所の片方を指して、
先へ入れとゆずってくれる。しかし、この扉が、やっぱりまたかたくて、
いくらひっぱっても開かないのだ。二人の少女と三人がかりでひっぱると、
扉は勢いよく開いて、三人は重なり合って壁にぶちあたった。
用を足して出ようとすると、やっぱりまた開かないのだ。
ドンドン叩いたら急に開いた。
勢いよくとびでた私は、待ちうけていてひっぱってくれた二人の少女もろとも、
また壁にぶちあたった。手を洗う私を、二人の少女は左右にきて、
よくよく観察している。私もよくよく観察させてあげる。
美人だなあ、と思っているのかもしれない。そうだと、いい気持だ。
「ああーあ。何だかとてもおかしかったね」そういうロシア語を知らないから
日本語で少女たちに言った。少女たちは「パジャールスタ」と言った。
少女二人も、孫娘も、黒い髪、黒い眼、浅黒い肌だった。」


ギ、ギエェーッッ!
他にも「もわもわぷっくりしたオムレツ」や、「重たそうな水をめくって船が走る」
などなど、ギエー!って言いたくなるような言葉の羅列で、
これは絶対また再読する。なんだったらもうロシアには行かなくっていい。
百合子さんのロシアだけでいい!と思い込んでしまうほどに、
自分好みの本でした。
富士日記、日々雑記、とあと数冊だけのお愉しみなので大事にしなければ
と素直に思いつつ、たぶんまた我慢出来ず夏のプチ旅行とかでがばっと
読んでしまうんやろな〜〜(笑)



そうだ!美山へゆこう!その2。

P1010044.jpg
ここが、今日泊まる場所だと言われたときのテンションの上がりよう!
P1019850.jpg
7人泊まりなのにこの広さ!!ヨガ教室だって出来る!
P1019856.jpg
え、縁側…!あこがれの縁側!!!(感動)
こう言うところで、お隣のおばあちゃんがぼたもちこさえた…
って持ってきてくれて…食べるの、みたことある…!ハッ。トトロや!
カン太!おばあちゃん!メーーイちゃぁーーーん!!!
P1019861.jpg
囲炉裏もあるんやで。ちゃんと上から吊るしてお鍋もできる!
ほんとにここが京都なの!?と言いたくなるほど完璧な洗練された田舎
実際ホテルばりの施設で、自動的にふたの開くおトイレ(あれ未だにビックリして声出る)
も、お風呂もオーガニックシャンプーリンスボディソープ付き!
アメニティも充実で、ハーブバスが出来たり女性用のコットンや綿棒、ドライヤー、
ふわふわのタオル、なんでも一通り揃ってる!
大人キャンプやで〜〜!
IMG_5502.jpg
ゲームも揃ってるので、持参したお菓子を食べつつのジェンガをして遊ぶ(笑)
こういうクラシカルなタイプのゲームが一番盛り上がったりするよなぁ
P1019907.jpg P1019921.jpg
さて!お腹も空き始めたので、それぞれ役割分担をしてキャンプと言えば!
BBQデスヨ!!今回、Y本家&F山さんがこれだけの食材をすでに準備して
くれていて、鳥取旅と同じく、至れり尽くせりの極み!
P1019914.jpg
キャンプの火おこしは、F山さんとJ平さん!
キャンプ常連のお二方なので、横でMoiはうちわであおぐだけ
P1019935.jpg
お父さんが焼き上げてくれるのを、まぐまぐとひたすら食べる(笑)
う、うま〜〜〜!
炭火焼のおにく、最高かよ〜!
P1019938.jpg
おにぎりや、じゃがいもまで用意されてて、飲んでは食いのループ!
天国って…地上に存在したんですね(真顔)
P1019942.jpg P1019947.jpg
さてはて、軒下で始めたのが正解だったのが、途中の雨雷風攻撃
ものっっっっそいドシャ降りの中、めげずに食べつつける女子7人強し(笑)
P1019965.jpg
無事に、デザートの焼マシュマロまでたどり着けました!
P1019966.jpg
リッツにはさむと、塩見と魅惑のフワトロに感激!
P子気に入ってめっちゃ食べてた(笑)
P1019968.jpg
長かった雨も止んで、もののけ姫みたいな山状態に。かっけーなおい。
IMG_5538_20170704151707f2e.jpg
最後は持ち前の身体の固さを披露しつつ、ヨガ教室を開催し(笑)
花火もできたよー!花火めちゃ楽しい!きれい!!!

さて!!ベッドの方をP子と使用させてもらって、ぐっすり
安眠にもほどがある!ってぐらいに熟睡して、翌朝、すっかり朝ご飯の支度が出来ている。
カーチャン力の揃い方がすごい…!
P1019988.jpg
美山牛乳(瓶×2本)、食パン、ティー&コーヒー、グラノーラ、卵がついてるので
それを食しつつ、昨日の残りでてきぱきとサラダとミネストローネが
作られていた…しゅごい!
P1019982.jpg
手前のハーブチキンは作って来てくださったもの!
朝からお肉が食べれる幸せプライスレスうまーい!
P1019997.jpg
見たってこれ。
ホテルばりの朝食ですよ…すげーな!(自分で言うのもあれだが)
P1010088.jpg
さて10時にチェックアウトをすまして、帰りもキャンプ場のアスレチックで
年齢を感じつつ(うんてい、出来なくなってた…怖い)、暑い暑いと言いながら遊びまくる
大人たち…(笑)
IMG_5568.jpg
↑Moiの顔がなかなか必死!
P1010096.jpg
日吉ダムも見つつ、
P1010102.jpg
更には道の駅で買物をして、新しく出来た京丹波パーキングエリアで
軽くランチ黒豆うどんを食す!最後までうまし!
P1010107.jpg
14時には京都駅で解散〜と言うなんともお利口なツアーでした
帰りの湖西線で土砂降りの雨だったので、なかなかギリギリだったなぁとほっとした(笑)

P1019821-COLLAGE.jpg
今回も素敵な会に誘ってくれたRのメンバー、あざっす!
久々に事務室の話も出来てうれしくって、まだ3ヶ月しか経ってないのに
メッチャ懐かしくなりました〜
色々な場面で若い勢いを持ち込んでくれたAちゃん、
食材を用意してくれたりお料理もお任せっきりだったY☆Mさん
いきなり誘いを持ちかけたものの、元から居たように馴染んでた
Moiの少数精鋭の友人P子、二日間、おつかれさまでしたッッ

さて!夏のバカンス解禁しましたよ〜〜〜!(笑)

そうだ!美山へゆこう!その1。

P1019721.jpg
と言う訳でRのメンバーに誘ってもらい大人キャンプへレッツゴ〜
P1019658.jpg
今回は何故かP子も参戦だよ!(笑)
P1019664.jpg
10時に京都駅集合で、F山さんの運転により7名で出発!
お天気が若干心配だったけれども降水確率80%を覆る晴れ女様が
いらっしゃるので、大丈夫そう!
P1019670.jpg
早速、道の駅での新鮮なお野菜を眺めつつ、ジェラート!!!
美山の地元の素材をふんだんにつかったと言うことでみんなで食しました〜
ブツ撮りをする間もなく溶け始めるアイス!だったので、ウッカリ撮り忘れたけど
Moiは山椒味とかぼちゃ!うます!!!
P1019686.jpg P1019689.jpg
そしてランチ!!道の駅の美味しそうなパンを横目に...
「おひるはピッツァ...ピッツアァって聞いてるから、ガマン!!
を呪文のように繰り返してカジカーノさんへ到着!
P1019699.jpg
どんどんいくぜ!!7人で来たので、全6種のピッツァを丸ごとオーダァアア!
バジル&モッツァレラ&パルミジャーノ!マルゲリータ!
石釜ピッツァと言えばシンプルにこれ、と言うひとも多いのでは!?安定のおいしさ
P1019700.jpg
ニンニク&オレガノ&タマネギ&パルミジャーノ!マリナーラ!
トマトベースがフレッシュでとってもうまい〜!あとタマネギの甘みがベストマッチ
P1019708.jpg
モッツァレラ&パルミジャーノ&ブラックペッパー&ブラックオリーブ&ニンニク!
美山ベーコンとズッキーニ!
ズッキーニは旬ですからね〜〜、さっき道の駅でも巨大なズッキーニを見た後だったので、
こ、これが…美山ズッキーニ!めっちゃジューシー!と感動
P1019710.jpg
残りは変わり種!アンチョビと九条ネギ!
葱!?と思ったけどこれがなかなか。大人なビールにも合いそうなお味
P1019716.jpg
美白鶏とレモンクリーム!女子力が一気に上がる一品
レモン&生クリーム&タマネギの優しいお味に、さっぱりレモンが効いてて
変わり種としてはバッチリ
P1019715.jpg P1019698.jpg
さて、Moiのお気に入りがこちら鹿サラミとルッコラ
野性的な味のサラミと、ルッコラがパリッといい感じの風味
ここはかっこよくビールで決めたいけれども、おこちゃまなのでりんごジュース(笑)
P1019707.jpg
チーズもこのようにトロォリ
大人数でいく楽しさを満喫して、次の目的地へGO!

P1019811.jpg
さて!そばの花が咲き誇っているこちらはかやぶきの里!
美山町内にはたくさんの茅葺き民家が現存していて、おばあちゃーーん!帰って来たよぉー!
と駆け出したくなるような、THE☆日本のおうちがいっぱい
P1019798.jpg
海外のひとなんかは日本人はみんなこんな家に住んでるって思ってるんちゃうかな(笑)
にっぽんむかしばなし、って感じ
P1019743.jpg P1019787.jpg
フォトジェニックな場所が満載で、お花も綺麗だし(ジヴェルニーを思い出した)
レフ携えて走り回りました!!!(笑)
P1019753.jpg P1019807.jpg
撮影スポットになっているポスト前でモデル撮りしてもらった
P1019758.jpg
こんなカエルちゃんがいたり
このタイプのちっさいカエルってもうほとんど見てないぞ最近(笑)
P1019765_20170704144908124.jpg
どこ撮っても絵になるので、お散歩してるだけでも楽しい!
もちろん茅葺き屋根のカフェなんかもあったぜ〜
P1019774.jpg
ピザでお腹いっぱいなので、流石に遠慮したけど!
P1019819.jpg
附近には、由良川なる鮎で有名な川があるので、
こいのぼりならぬ、あゆのぼり!きっちりアユポーズしてくれるP子とF山さん(笑)
P1019829.jpg
橋の上でポーズしてきます!!
ってカメラをあずけてポージングしたけど、思ったより遠かった…の図(笑)
雄大さが伝わる一枚となっております
P1019779_20170704144911826.jpg
ってなわけで、色々と散策しまくって写真もたくさん撮ってご満悦
15時ぐらいにチェックインと言う事で今日のお宿へ参ります〜

夏のドリンクストック。

空梅雨っすね〜!今年は!
びわ湖の水が無駄に心配になってしまう今日この頃ですが、
この時期母が家に居るのも珍しいので、一緒にシロップ系を仕込む
IMG_5260_20170627225721e06.jpg IMG_5262_201706272257237c6.jpg
まず、今スーパーでもよくならんでるまっ白な新生姜を、
できるだけ均一な薄さでスライサーでスライスしまくったところに、
同量の砂糖をどばっと入れて、サラダをまぜるみたいに、ざくざくなじませ、
放っておくと水分が出てくる(右写真)
IMG_5269_20170627225724fbc.jpg IMG_5272_20170627225725e45.jpg
お好みで、鷹の爪唐辛子を放り込んで、鍋に入れて煮込む。
薄くスライスした生姜が透けてきたらエキスが全部出てるので、
ここでクエン酸を入れると、いわゆるお寿司屋さんのガリ生姜のような
きれいなピンク色に変色する!
IMG_5274_20170627225727f5c.jpg IMG_5285_20170627225735b89.jpg
あとは漉して、アルコール消毒か煮沸した瓶につめて1年間保管可能な
ジンジャーシロップの出来上がり
四倍濃縮ぐらいなので、炭酸で割れば自家製のジンジャーエール
鷹の爪のピリッとした辛さとジンジャーのさわやかさが夏にぴったり

IMG_5432.jpg IMG_5435_20170627225739ba2.jpg
さて、もう一品は、紫蘇ジュース
よく売ってる紫色の紫蘇を綺麗に洗ったあと、鍋に放り込み、
香り付けに少し青い普通の紫蘇もいれる(紫はシソの香りはしないっぽい)、
葉っぱの半分ぐらいの水でしばらく煮込むと、紫色が取れて水に出る
IMG_5433_20170627225738173.jpg
こちらも「嘘だろ…」って量の砂糖を入れて、さらに煮込み、
(魔女みたいな気分になってくる)
紫蘇の葉っぱを漉して、色が出た水だけをもう一度鍋に戻す。
IMG_5441_2017062722574139e.jpg IMG_5444.jpg
ここで、再びクエン酸登場!
どんよりした紫色が、クエン酸を入れると透き通る綺麗な赤色に!
IMG_5448_201706272257513ac.jpg IMG_5447_20170627225749dff.jpg
クエン酸が無い場合は、リンゴ酢や米酢、レモン果汁でもOKで
紫蘇自体に殺菌効果があるので、水で出してるけどこっちも一年間保存可!
甘みや酸味はお好みなので、味見しながら作るとよいよい
水で割っても、炭酸で割ってもシソの香りが広がって、
すっぱ甘い不思議なドリンクに仕上がりますが、夏バテにバッチリなのでおすすめ

右の写真は、左から、ジンジャーシソ梅シロップ順
これでこの夏は乗り切るぜ!

6月に食したものたち。

IMG_5320.jpg IMG_5321_2017062723383598a.jpg
6/15に健康診断があって、初めて血液検査で自分の血を抜くところを
まじまじと見たら、イメージでは注射器からグイ〜〜っと吸い上げる感じやったけど
なんかカバーみたいなんを通して3本ぐらい取るのね!
「へぇ。思ってたよりグロくない…」って思ってたら、建物を出たぐらいで
視覚的効果もあるやろけど超絶的にお腹がすいてきて、近くの食堂で
トンカツ定食食べちゃった!

さてはて、なんだかんだで新年度から3ヶ月がたち、
2017年は半分を迎えていると言う…毎年衝撃を受ける6月ですが(笑)
財布の中身的には全然変わらないのに、外食に対する抵抗が(気後れ?)
なくなってipodの写真フォルダ見たらみごとに食べ物ばっかり!
こりゃ、顔も丸くなるはずだわ…

IMG_5392_20170627233837906.jpg IMG_5409.jpg
ほんでもって個人的にはなかなか革命的な6月だったのですが、
ちょこちょこ県内の出張もありつつ、この日は今津港でイベントのお手伝い
IMG_5457.jpg IMG_5458_20170627234030ea2.jpg
今津港のすぐ目の前に、5年前の年明けにおそばを食べに行ったなつかしのお店を
思い出したので、お昼ご飯に鴨なんばをいただく!
うま〜〜〜〜!

IMG_5428.jpg 
あとは、3月以来にょきにょき伸びて来た髪がうっとおしくなり始めたので
休日に遊びがてら髪を切りに行き、さっぱりしてところで
安定のカフェ・アンデパンダンで今日のプレートランチをいただき、日記を書く
IMG_5427_20170627233848f78.jpg IMG_5261_2017062723544546b.jpg
右が、最近お気に入りの日記帳(ただの白紙のノートだが)
紙質がいいので、するする書けるのが心地よくってこの二冊を交互に使ってると言う
あとで読み返すと面白いから、出来るだけ「あった出来事」「どう思ったか」を
書くようにしてる。ただのメモだけなら手帳でもいいわけやし…と思って
ま、したいこと、とかこの夏の予定とかももりもり書いたりもしてるが
そういや、家より外で書く方が冷静にたくさん書けるので、外食が多いのかもしれない

最近のよかったこと。

IMG_5252_20170606154108f23.jpg IMG_5251_20170606154107291.jpg 
ダッくんの新しいおともだち

さてさて。
6月に入ってからもめまぐるしく毎日が過ぎていく感じですが、
紙媒体の普通の日記は意外にきちんと記録しているので、
読み返すと4月からだいぶ内容の濃い毎日を過ごせて面白い

しかし、左の口角炎が悩まされ、ようやく治ったと思ったら右に移動
(なんなんこの左の頬を差し出したら次は右!みたいなループ!
4月から定期券を3回落とす
部屋が爆裂に汚い上に、去年の6月も同じような話題で盛り上がってましたが
このじめっとした季候のなか、自室にあらわれるイニシャルG!

眼鏡をはずしてさぁ寝よう…としたところ、壁際にふっと見えた気がしたんだが
気のせいだと思い込んで寝てしまうところから、
(冷静な自分だったら絶対に自分の部屋では寝れない)

相当疲れてた!!!

IMG_5322_20170621225407e3f.jpg
いつもなんでも自覚が遅いんよなぁ
と言うわけで、先週の火曜から一斉掃除に入って使わない書類を処分し、
ベッド下のダンボールをすべてプラスチックに変えて(奴らはダンボール好きらしいので)
めちゃ綺麗な部屋を手に入れました。テッテレー!
めっちゃ嬉しい
あとクローゼットがまだ汚いのでなんとかすれば、ま。
夏まではどうにかなりそうかな…

最近は帰って寝るだけの部屋に成り下がってるから、まぁ別にいいや
って思ってたけど、それでも自分の大事な空間のはずなので
きれいに出来てよかった
本を読んでもゲームをしてもPCをしても綺麗やし嬉しい
ずっと探してたマトリューシカのピアスも出て来たし、
何故にこんなところから...って場所から3千円でてきたし(笑)
3年以上読んで無い積読本は一旦手を離すことにして、
本棚もちょっとはスッキリできたぞーー!!断捨離じゃー!
あなたの人生の物語
あなたの人生の物語テッド チャン 浅倉久志

早川書房 2012-08-25
売り上げランキング : 76


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

あまりにも映画がよかったので、早速原作本を買って来た
断捨離したのに早速また本棚に増やすと言う…
無限ループやないかーい。

今期Moiの中で最高作。


4月ぐらいから、はーちんが早く見て欲しいって言って映画を
ようやく見れた
SF映画「メッセージ」

まったくの予備知識無しで見たんだが、
ド好み!!!!!!! だった。
こう言う小難しい作品大好き…

ある日、世界中の12カ所に、突然謎の物体があらわれて
言語学者のルイーズが、謎の生命体が何の目的で地球に来たのか、
国の要請を受けて、学者視点で解明していくお話。
よくあるパニックSFは徹底的に排除してて、限られた空間の中で
未知の生物に出会ったとき、「言語」と言うものでどうやって
コミュニケーションを取ってゆくか、ってのを軸に、
SFの中でもMoiの大好きな「時間系」を取り入れた作品なので、
何度も映画館でニヤニヤしてしまった!!(笑)

音響賞を受賞してるだけあって、ものすごく音にこだわっていて
映画館でしか味わえない音響をめいいっぱい体感できるのと
(BGMもぞっとするのから、北欧系のアカペラまで幅広かった)
全体的にマットで暗めのずっと雨が降ってるような色合いで
撮ってるところからのラストシーンのコントラストが
ものすごく上手に出来てたと思う

終盤の加速、どんでん返しと言うか「まさか」の連続が
すげぇなって思って、はーちんと答え合わせのSkypeしてたら
監督がドゥニ・ヴィルヌーヴだと気付く!!!
うわ〜〜〜〜「灼熱の魂」のひとか!!

と言うわけで、何を書いてもネタバレになるので
音楽、脚本、役者、オチ、全部においてでした〜
映像であることに有利な作品やし、原作は流石に無いやろって
思ってたらテッド・チャンってひとの原作小説があるみたいなので(笑)
近々手に入れにいくぜ!

初兵庫コンサート♪

ほんとに更新しないときは、月一になっちゃうな!(笑)
文章を書くのは好きですが、なかなか自分のPC前に座れませんでした〜
IMG_5234_20170606131634c4e.jpg
無事に、6/4(日)にトリオコンサートを終えました〜
地味に、新快速に乗って大阪から先、一人で出かけたことがなくって
三田と言う場所が「パンダ」と同じ発音だとか、
「西宮名塩」が「西宮ラジオ」に聞こえて「でっかいラジオ局でもあるんかな?」
ときょろきょろしてたり、尼崎ってもっと大阪より離れてると思ってたけど
意外に近いんだな!と実感したり、はじめて尽くしでした(笑)

さて、この日のトリオは去年から2回目共演メンバー
Moiは仲良くなるのに、時間のかかるメンドクサイ奴ですが(笑)
また来年もがんばりましょう!次なに弾こうか!と言うのを
ごく自然にすっと言えるので、これは大事にしないとなぁ〜と、
しみじみ思ってしました。知らない土地だから余計に??(笑)

音楽とはまったく関係無い話をしゃべりまくったり、
ほんとに合わせできてるん??(笑)って思われそうですが、
実は大事な部分だったりもするんじゃなかろうか、とか思ったり

例えば、バロックヴァイオリンのEさんは、
お花や植物の名前を見ただけですっと言えて、
きっちりした文章の「プロやで...!」と持つ手が震えてしまうような
音楽ノートを自分でさくっと仕上げるのは、しっかり上品な音に出てるし、
ガンバのMちゃんは、あらゆる人に気を配り、面白い話をすっと話せて
ばりばりどんな状況でも突き進んで行くバイタリティに溢れているのは
年々大きく豊かになってく音を聞いてても、しっくりくる

何より二人とも、音楽が好きで自分の楽器や演奏する曲も好きで
見ていて人生が豊かだと感じるし、芸術に携わっている人間独特の
おおらかさが、合わせをしていても心地よく感じるのは
日々きちんと色んなものに向き合って、身につけているからちゃうかなぁ〜
とうっすら思いながら、なあなあになってしまっている自分を
シャキッ!と(一瞬でも!笑)させてくれる、良い機会になりました

こないだ、Eさんも美術館が好き、と聞いたので
次回は打ち合わせも兼ねて、美術館女子会しないとな!
と燃えているMoiです

17/100★日常の狂気。

IMG_5150_20170606154046df2.jpg
ちょっと、1日の嵐が過ぎ去って涼しくなりましたね!
ニュージョブも3ヶ月目に入り、少しずつカメのようにのろのろと
前進しております…方向あってるのか?と思いつつ(笑)
IMG_5143_20170606154030338.jpg
基本的にまわりに何もないので、ランチ事情としては、
中に入っているレストランかお弁当を持ってって食べるんですが、
たまの贅沢にレストランでランチを食す例がこちら
食後の飲み物も付いて来るのでありがたや〜〜
喰いたい放題 (光文社文庫)
喰いたい放題 (光文社文庫)色川 武大

光文社 2006-04-12
売り上げランキング : 112066


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

食べ物エッセイの中でも、特に欲しくってネットで中古をポチッたこちら
色川武大さん作品は、Moi的にドツボ過ぎて、読む瞬間を大事にしたい…
と後生大事にしまってある作家さんなのですが(あとは、武田百合子の富士日記、
須賀敦子全集、内田百閒作品などなど)

文句無しによい。

や、もう分かってたんだけども。
つれづれなるままに、花札ならぬ、色川さんの「食札」を作って
それぞれの月に何を食べたいか晒してから、6月のそら豆について語る。

さて、しかし、グリーンピースの白眉は、なんといっても炊き込みご飯である。
猫にまたたびというけれども、私はこいつを見ると舌を出して息をはずますほどだ。
「今日はお豆御飯ですよ——」
このひと言は千鈞の重みがある。


どんなけ、好きなん!(笑)
四月は筍御飯、五月に豆御飯、それから豆の王者、そら豆、夏が来ると枝豆と、
豆尽くし!
食べたいものを食べたい時に食べる!!と言うのであれば、
いきなり起きてコロッケを作り出す話も面白かった

色川さんは、ナルコレプシーと言う睡眠障害で有名な作家さんで、
Moiもあんまり詳しく知らなかったけど、睡眠をきちんと普通のひとみたいに
とれないみたいで、1時間寝ては起きて、また寝ては起きて…
になるので、時間の感覚はほぼ無いのと、
夢の中にいるのかどうか分からない状態から、起きていても幻覚を見る
(覚醒状態でレム状態なんかな。考えるだけで恐ろしい。)
起きてるときも突発的に暴力的な睡眠に襲われるので、
公共の乗り物できちんと目的地に着けたことが無い。
寝る時はメッチャ体力要るって言うけど、それのせいで、
疲労感は通常の人間の四倍らしい

なので、空腹ととも目が覚めて、すぐ何かを食べ出すので
肥満にならん方がおかしいけど、食へのこだわりがかなりあったんやろうなぁと。

まぁ何にせよ気になった方は、
コロッケを夜明けに作り出して、奥さんに見つかった時の
会話が最高にイケてるので、是非読んでみてください

IMG_5237_20170606154106a7f.jpg
ちなみに、読破後はコロッケもふりかけも食べたし、
グリーンピースサラダもサイ○リアで食しましたよ(笑)
ワア☆影響されやすーい。